2018年01月02日

新年は明るい花で

あけまして
おめでとうございます

E4AECE55-7467-4237-9A3C-6ED85837A412.jpeg

大王松はいいですね。
思い切りよくパーッと開いて、
見ていると、おおらかな気持ちになります。

明るく軽やかに頑張って、
今年も素敵な一年にしよう、
そんなことを考えながら活けました。

posted by 雅香 at 00:19| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月23日

せっかくなのでリースも

花材がすこし残ったので、リースも作ってみました。

IMG_2126.JPG

口からふわ~と何かでているみたい。
元気がよくて、よろしいですね。

フェルマータの洗面台に置いたのは先週の日曜日なので、
今もそこにあるとすれば、ドライになりかけていることでしょう。

ドライもまた素敵なんですよね。
色味がしっとり落ち着いて。

リースの土台は、レッドウィロー。
11月からなんど再利用させてもらったことか。
最後はリースに変身しました。

この形は、実は最近みかけた素敵ないけばな作品をお手本にしています。

花器の上にリース状の花が載っているような構成だったので、
どうやって留めたのかを想像しながら練習してみたのです。

画家が模写をして練習するような感覚でしょうか。

再現しようとすると、必要な作業が見えてきます。

とはいえ、これは蓋つきビアマグにパクッと挟んでいるので、
同じではないのですけれどね。

それでも、挟んだだけではダメで、工夫がいりました。
この写真だと、わかりやすいかもしれません。

IMG_2133.JPG

リースとは別に、前後に枝を入れてバランスをとっています。

蓋を開けたらおしまいなので、
いまごろ厳しい体勢で頑張っているかもしれません。
見かけたら、応援してやってください。

それとも立掛けてもらって、安静にしているかな。


心穏やかで素敵なクリスマスになりますように。

posted by 雅香 at 18:14| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

目が合うにはワケがある

前回の記事に載せたこの写真に、
「バラと目が合う」とコメントしました。

IMG_2125.JPG

フェルマータのこの素敵な暖炉は、テーブルよりかなり高さがあります。
それに花器の高さも加わるので、花を見上げるかたちなります。

こんなとき、なんとなく花器にいれただけでは、バラと目は合いません。
花も葉も上を向いてしまって、みんなで飛行機雲でも眺めているような姿になってしまう。

少しばかり工夫がいります。

といっても、いけばなの基本技なんですけどね。

花を美しくいけるコツとして、以前の記事で紹介しています。

そう、「花器の底にむけてズドン」では上手くいかないのです。

IMG_2124.JPG

この角度だとわかりやすい。
バラやカスミソウは、ずいぶん前傾しているでしょう?

基本の技をしっかり練習して身につけると、
どんな場所でも花をいけて楽しめるようになりますよ。

日曜の朝に時間がとれるなら、一緒に練習しませんか?

~次回のお稽古~
1月7日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

続きを読む
posted by 雅香 at 22:39| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

クリスマス花

土曜日にクリスマスの花をいけました。

IMG_2123.JPG

いけばなでは、赤、白、緑を使うのが一般的です。
・ホーリー(赤)
・バラ、カスミソウ、花器(白)
・ヒバ(緑)

もともと置いてあるアコーディオンやポトスも
うまい具合に赤白緑です。

IMG_2125.JPG
左から見ると、バラと目が合う。
ヒバの波に赤と白の粒が流れていくみたい。

IMG_2124.JPG
右から見ると、ホーリーの上でカスミソウが前後にふんわり。
和らぎますねぇ、カスミソウが入ると。

~次回のお稽古~
1月7日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)


posted by 雅香 at 06:34| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

この赤い花は?

この軽快な赤い花。

ユニークに反り返って咲いていますね~

グロリオサ IMG_2087.JPG


そして、この葉っぱ。

先っぽを見てください。
蝶の口みたいにクルンと巻いちゃって。

切り花としてよく出回っているので、
名前は知らないけれど見たことはある、という方もいらっしゃるでしょう。

ユリの仲間で、名前はグロリオサ(Gloriosa)。

花の名前はカタカナだらけで覚えにくい?

そうですね、わけがわからないものも多い。
でも、この名前は覚えやすいかもしれません。

「グロリオサ」は、ラテン語の gloriosus「見事な、栄光の」に由来するそうです。
英語だと glorious になるのかな。
綴りもほとんど同じですね。

たしかに見事で誇らしい姿だから、
そう名づけたくなるのもわかります。
だから覚えやすい。

そういえば、クリスマスの時期になると街で流れる曲の一つに、
「グローオオオオオーオオオオオーオオオオオーリア(gloria)」
と歌っているのがありますね。
「神に栄光あれ」という内容の歌詞。

曲名はどうせ「グロリア」でしょう、と思っていたら違いました。
去年はじめて知ったのですが、"Angels We Have Heard on High"というそうです。

こんど街で聞こえてきたら「グロリオサ」の姿を思い出すかもしれません。

せっかくだから、自分で歌いながら「グロリオサ」を覚えてしまうのもいいですね。

~次回のお稽古~
1月7日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

IMG_2088.JPG
シンプルにいけても華やぎますね。
続きを読む
posted by 雅香 at 22:48| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

なんども楽しむ

前回の記事に、会場の洗面台に置いた
小さな生け花の写真をのせました。

まだ花材があったので、
じつは階段上にも置いてあります。

まずは、こんな感じに普通にいけました。


IMG_2079.JPG


コロンと可愛らしい感じ。
これもいいのだけれど、
少し手を加えて大きく空間を使うと、こうなります。


IMG_2081.JPG


だいぶ変わるでしょう?
急に背が伸びて、可愛らしさを卒業した雰囲気になりました。

追加したのはレッドウィローです。
このブログにのせた写真では、毎回のように輪にしていますね。

というのも、これは再利用なのです。
一カ月くらい前に他の作品でたくさん輪を作ったのですが、
まだ色もキレイだから、こうやって楽しんでいます。

先日のお稽古で使ったサンゴミズキも、長持ちする花材です。
とっておくと、何度も楽しめますよ。

~次回のお稽古~
1月7日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

posted by 雅香 at 19:54| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

朝のいけばな教室(第二回)でした

12月なので、クリスマスの雰囲気の花材でした。

・サンゴミズキ
・バラ(赤)
・ヒバ
このセットには、素晴らしいバラが入っていましたね。
バラとサンゴミズキだけで、かっこよく仕上げた方もいらっしゃいましたし、
ヒバを添えて、バラの葉との緑のグラデーションを楽しんだ方もいらっしゃいました。

・グニユーカリ
・ガーベラ(赤)
このセットも魅力的でした。
ガーベラの色はシックだし、
グニユーカリの白みがかった緑も、見ているとホッとします。
それに、あの爽やかな香り!
ユーカリっていいですね。

今回は基本型で水盤を使ったお稽古でしたが、
来年は、より自由なスタイルでクリスマス花を楽しめるようになりましょう。
お楽しみに!

~朝のいけばな教室~
1月7日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)


グニユーカリの小枝を集めて、小さな生け花にしてみました。
・レッドウィロー
・スプレーバラ
・グニユーカリ

IMG_2086.JPG

写真で伝わるでしょうか、ユーカリのまろやかな緑。
続きを読む
posted by 雅香 at 22:09| お稽古の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月28日

秋の色を楽しむ

いよいよ冬が近づいてくると、紅葉がいっそう美しくなりますね。
公園を歩いていたら、人だかりができていました。

IMG_2027.JPG

見事に紅葉していますね~
家族連れや観光客らしき外国人グループが
とっても嬉しそうに写真撮影をしていました。

わかるなぁ、ウキウキしますよね。
赤のグラデーションに黄色に緑。
秋にすっぽり包まれるのは気持ちがいい。

奥の黄色がいいなぁ。
いけばなでは、鮮やかな色を後ろに配置することがよくあります。
チラッと顔を見せるのも素敵でしょう?

そして、

IMG_2010.JPG

黄色をめいっぱい楽しむのも、また良しです。

~次回のお稽古~
12月3日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)
posted by 雅香 at 07:42| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

線を楽しむ

いけばなと書道は似ている、といわれます。

たしかにそうだな、と思うのは、どちらも「線」の芸術だからです。

たっぷり墨をふくませてズバリと書いた一直線もあれば、
細筆でしたためた平仮名のしなやかな曲線もある。

書道では墨を使いますが、いけばなでは植物で線を描きます。

となると、植物の特性によって描ける線が変わってきます。

こちらの赤は、レッドウィローという植物。


IMG_1955.JPG


さしずめ細筆の線でしょうか。

やわらかいので、ふわりと円を作ることができるのです。

空中にまるが浮いていると、ちょっぴりウキウキしませんか?
シャボン玉や風船を見たときの感覚でしょうか。

お稽古では、いろいろな植物に触れながら基本を身につけていきます。
ですから、どの植物でどんな線が描けるかも体験的にわかってきますよ。

知識だけあっても、できなかったら面白くありませんからね。

実際に手を動かして、植物のいろいろな線を楽しみましょう。

~次回のお稽古~
12月3日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

posted by 雅香 at 22:56| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

街のいけばな

2週間ほど前、都会の街を歩いていて、ふと目にとまった花です。

IMG_1868.JPG

名前は知らないけれど、しっとりしていて、
見ていると気持ちが落ち着いてきます。

そして、後ろにさがって全体を見渡したら、こんな景色でした。

IMG_1866.JPG

わぁ~素敵だなぁと思って、しばらく鑑賞させていただくうちに、
思わず立ち止まった理由がわかりました。

なんだか、いけばな的なのです。

色も少なく控えめなのですが、みどころがあります。

パッと視線が集まる部分があり、隙間があり、奥行きがあり、
周囲にある門や建物の壁としっくり調和している。

シンプルで飽きのこない、いい眺めでした。

いけばなの視点あると、街の景色が変わります。

美しいものにアンテナが向いているから、
すぐにキャッチできるのです。

「いいな~」「きれいだな~」と感じるチャンスが増えますから、
心穏やかになるのも当然ですね。

いけばなを学び始めたら、街をどんどん歩いてみましょう。

そして、たくさんの「こんな素敵なところがあったなんて!」を発見し、
平和ないい一日にしましょうね。

~次回のお稽古~
12月3日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)
posted by 雅香 at 23:14| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする