2018年09月27日

ナイスピッチング!~石化柳

おもしろい形の枝ですね。

IMG_3359.JPG

剛速球を投げた人みたいな曲がり具合です。

ナイスピッチング!

これは「石化柳(セッカヤナギ)」。
枝が帯状に平らになっています。
独特な姿ですね~

サラサラと柔らかくなびくばかりが柳と思っていた方には、
驚きの勇ましさでしょう。

いけばなでは、柳は重宝される花材で、
さまざまな種類の柳をいけます。

石化柳もよく使われますから、
お稽古でも、いけるチャンスがきっとありますよ。

あなたなら、どんな花と合わせて、どんなふうにいけますか?

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:59| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

やわらかな黄色、女郎花

秋の七草、オミナエシを発見。
IMG_3334.JPG
いい黄色

IMG_3332.JPG
こちらは虫が三匹も!
美味しいのかな。

オミナエシは、秋の草花を使った「まぜざし」でよく用いられます。
「まぜざし」は、5種類以上の草花をいれて構成するいけばなです。

ケイトウの赤やリンドウの青といった強い色の中で、
この黄色のベールがふんわり映えますよ。

控えめな存在で香りも独特ですが、
私は女郎花のこの色がとても好き。
だから毎年、秋のまぜざしを楽しみにしています。

今年も、そろそろです。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 22:58| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

秋のキイチゴ

木苺は、まだ葉が幼い春によくみる花材ですが、
葉が大きく開いた夏や秋の姿も素敵です。

IMG_3282.JPG
秋には、こんなふうに紅葉がはじまります。
ナチュラルテイストが好きな方には、
たまらない色ではないでしょうか。

インパクトのある葉なので、
葉だけ手頃なサイズの瓶に入れて飾っても良さそう。

IMG_3280.JPG
ジュースの瓶にざっくり入れただけでも、
布のコースターでも敷いたら素敵ですよ。
その絵柄や素材でお好みの雰囲気を楽しめそうです。

いけばなを置くときは、敷物と合うかも考慮するので、
小さなもので気軽に試すと、いい練習になると思いますよ。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:27| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

オバナ

オバナの季節になりました。

オバナは、秋の七草の「尾花」。

十五夜お月さまと相性抜群な、あの植物。

そう、ススキですね。

IMG_3330.JPG

しっぽみたいだから「尾花」。
ずいぶんいますね。いったい何匹でしょうか?

ずいぶん勢いがあるので、秋のわびしい風情というより、
むしろカッコイイ。

いけばなでも、ススキは大いに活躍してくれます。
たっぷり使っても黄金色が美しいし、
1~2本でも、しっとりと秋を演出できます。

今年の十五夜は、次の月曜日だそうです。
ススキを調達したら、そのまま器に入れるのではなく、
ちょっとだけ「いけばな」を楽しんでもいいかもしれません。

少ししっぽの向きを整える程度でも、
ていねいに飾ると気分が盛り上がりますから。

おだんごと一緒に供えて、穏やかな月夜を楽しめるといいですね。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:06| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

あ、火の鳥!

パッと目をひく色に形。
IMG_3307.JPG
ヘリコニア

品種名は「ファイヤーバード」

まさしく!
火の色に、鳥のような顔。

赤のところが花に見えますが、
これは「苞」と呼ばれる葉です。

花は苞の内部で咲かせるというのだから、
あんがい控えめな性格でしょうか。

あなたの周囲にも一人ぐらい
いらっしゃるかもしれませんね。
 
見た目と中身のギャップが魅力の
ヘリコニアみたいな方が。

朝のいけばな教室でも、
そのうち活けるチャンスがあるかもしれません。

お楽しみに。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:58| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

ハミズハナミズ

「ハミズハナミズ」

この時期には耳にしやすい言葉かもしれません。

なにかの呪文みたいでしょう?

花の名前なんですよ。

ご存じの方は、パッと漢字が頭に浮かんでいるはず。

「葉見ず花見ず」

漢字って便利だね。
だいぶ意味がとりやすくなります。

なんの花だか想像がつきますか?

今が見頃のあの花!

そう、カッコイイこの花のことです。

IMG_3316.JPG
彼岸花
色といい姿といい、
いけばなにしても、もちろんカッコイイ花。

根元に注目です。

茎がいきなり土からでて花を咲かせています。
そして花が散った後に、やっと葉がでてきます。

花と葉はすれ違い。
だから、「葉見ず花見ず」。

彼岸花は畦道や土手をまっ赤に染めるように咲きますが、
これは皇居近くの噴水公園で撮影しました。

探せば通勤路などで咲いているかもしれませんよ。
開花時期が短いので、見つかればラッキー。

そんな気持ちでキョロキョロするのも、
秋の楽しみ方のひとつでしょうか。

IMG_3319.JPG

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:37| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

眠っていた花器で、いけばな

「使いこなせそうにもないから、よかったら使って」とのことで、
友人から、花器をたくさんいただきました(嬉しい~)。

たとえば、こちらの花器。
IMG_3321.JPG
江戸小紋のような細かな模様が素敵ですね。

口径が2センチ程度しかないので、
少ない本数でいけるタイプです。

それならばと、部屋にあった花材でいけてみました。

IMG_3286.JPG
モンステラ2枚と、トクサ1本で満員御礼。
花なしの緑一色になりました。

でも、それが良かった気がします。
器の青と白に、葉の緑が爽やかですもの。

自分の部屋に飾るなら、これくらいシンプルな方が私は好きです。
3本なので手入れも楽だから、なおよし。

朝のいけばな教室では、基本の型を学びますから、
もっと口の広い花器を使います。

ダイナミックにいける練習をしているのです。

お稽古ではこのような口の細い花器は使いませんが、
もしお持ちでしたら、お稽古の花材の残りで
工夫しながら活けてみるとよいでしょう。

馴染みのない器でいけてみると勉強になりますし、
いろいろ試していると、ピタリとはまるお好みの組み合わせがきっと見つかりますよ。

「残った花材でうまくいった!」となると
嬉しさも倍増です。
部屋に飾ってお得な気分を満喫してください。

眠っている花器が押し入れにあったら、ぜひ活躍してもらいましょう。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:05| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

おしゃれなカフェで、朝からいけばな

朝のいけばな教室は、新潟市中央区の「フェルマータカフェ」
で開催しています。

そういえば、会場の中の写真を載せていませんでしたね。

あいにく全貌の写真がありませんが(今度とりますね)、
これで会場の雰囲気は少し伝わるかもしれません。

IMG_3308.JPG

こんなふうにテーブルが汚れないようにクロスをかけて、
お一人で1テーブルを使っていただいています。

この花は私が遊びで活けたものだから小ぶりの花器ですが、
お稽古では直径30センチの大きな水盤を使います。

それでも、花材はバケツに入れて床に置いたり、
道具の配置を工夫したりと、
みなさん与えられた場を上手に有効活用してくれています。

ちなみにこれは、夜の写真です。
朝は大きな窓から光が入るので、
さらに明るく気持ちのよい空間になりますよ。

たくさんの方に朝のいけばなを楽しんでいただきたいのですが、
テーブルを置けるスペースにも限りがあるのが残念なところです。

とはいえ、あと1~2名は大丈夫。

もしご興味があるなら、早めにご連絡いただくといいかもしれません。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:08| お稽古の会場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

ケイトウ、あでやかなトサカ

鮮やかな濃いピンクのケイトウです。

IMG_3298.JPG

ケイトウは、まるっこいタイプとまさに鶏冠のタイプとあるけれど、
これは鶏冠ですね。

IMG_3292.JPG
横からみるとこんな感じ。

扇状が個性的ですね。
この形をいかした面白い作品もよく見かけます。

ケイトウは道端にもよく生えているから、
素朴な印象があるかもしれません。

でも実際にいけてみると、勘違いとわかる。
IMG_3296.JPG
どうしましょう、この艶やかさ。

鶏冠を上から見るように活けると、
見事なうねりを堪能できます。

お庭に生えていたら、活けてみてはいかがですか?

せっかくなら美しく活けたい方、
いろいろな植物に親しみながら、
基本をしっかり学べる教室を開いています。

月一回、日曜の朝に都合がつくなら、ご一緒しませんか。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ

・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 13:25| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

ミニかぼちゃ?!

あれ?
おもしろいものがぶら下がっています。

リンドウとカボチャのいけばなでしょうか。
IMG_3250.JPG

「そもそもカボチャってぶらさがる?」
と思ったあなた、すばらしい観察眼ですね。

カボチャは畑にゴロンと転がっていますから、
これはカボチャではありません。

「色からしてミニトマト?」とおもいきや、
触ってもぷにぷにしていません。

触った感じは「ナス」。

そう、これは観賞用のナスで、
「赤なす」や「はななす」と呼ばれています。

初めて見たときは驚きました。
紫ではないナスがあるなんて!と。

それにしても、実は楽しいですね。
鮮やかな色の玉が浮いていると、
なんだかウキウキしてきます。

実のついた花材を「実もの」と呼びます。
秋は実りの季節ですから、
これから「実もの」が充実してきますよ。

重みがあるので、バランスをとるのに少し工夫がいりますが、
基本を学びながら経験を積んでいれば大丈夫。
対応できるようになります。

いけばなに興味がある方、この秋から始めてみませんか?

朝のいけばな教室は、月一回というゆったりしたペースで、
楽しみながら基本が身につく教室です。

日曜の朝に都合がつくなら、いかがですか。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)

~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:38| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする