2017年12月21日

目が合うにはワケがある

前回の記事に載せたこの写真に、
「バラと目が合う」とコメントしました。

IMG_2125.JPG

フェルマータのこの素敵な暖炉は、テーブルよりかなり高さがあります。
それに花器の高さも加わるので、花を見上げるかたちなります。

こんなとき、なんとなく花器にいれただけでは、バラと目は合いません。
花も葉も上を向いてしまって、みんなで飛行機雲でも眺めているような姿になってしまう。

少しばかり工夫がいります。

といっても、いけばなの基本技なんですけどね。

花を美しくいけるコツとして、以前の記事で紹介しています。

そう、「花器の底にむけてズドン」では上手くいかないのです。

IMG_2124.JPG

この角度だとわかりやすい。
バラやカスミソウは、ずいぶん前傾しているでしょう?

基本の技をしっかり練習して身につけると、
どんな場所でも花をいけて楽しめるようになりますよ。

日曜の朝に時間がとれるなら、一緒に練習しませんか?

~次回のお稽古~
1月7日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

続きを読む
posted by 雅香 at 22:39| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

クリスマス花

土曜日にクリスマスの花をいけました。

IMG_2123.JPG

いけばなでは、赤、白、緑を使うのが一般的です。
・ホーリー(赤)
・バラ、カスミソウ、花器(白)
・ヒバ(緑)

もともと置いてあるアコーディオンやポトスも
うまい具合に赤白緑です。

IMG_2125.JPG
左から見ると、バラと目が合う。
ヒバの波に赤と白の粒が流れていくみたい。

IMG_2124.JPG
右から見ると、ホーリーの上でカスミソウが前後にふんわり。
和らぎますねぇ、カスミソウが入ると。

~次回のお稽古~
1月7日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)


posted by 雅香 at 06:34| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

この赤い花は?

この軽快な赤い花。

ユニークに反り返って咲いていますね~

グロリオサ IMG_2087.JPG


そして、この葉っぱ。

先っぽを見てください。
蝶の口みたいにクルンと巻いちゃって。

切り花としてよく出回っているので、
名前は知らないけれど見たことはある、という方もいらっしゃるでしょう。

ユリの仲間で、名前はグロリオサ(Gloriosa)。

花の名前はカタカナだらけで覚えにくい?

そうですね、わけがわからないものも多い。
でも、この名前は覚えやすいかもしれません。

「グロリオサ」は、ラテン語の gloriosus「見事な、栄光の」に由来するそうです。
英語だと glorious になるのかな。
綴りもほとんど同じですね。

たしかに見事で誇らしい姿だから、
そう名づけたくなるのもわかります。
だから覚えやすい。

そういえば、クリスマスの時期になると街で流れる曲の一つに、
「グローオオオオオーオオオオオーオオオオオーリア(gloria)」
と歌っているのがありますね。
「神に栄光あれ」という内容の歌詞。

曲名はどうせ「グロリア」でしょう、と思っていたら違いました。
去年はじめて知ったのですが、"Angels We Have Heard on High"というそうです。

こんど街で聞こえてきたら「グロリオサ」の姿を思い出すかもしれません。

せっかくだから、自分で歌いながら「グロリオサ」を覚えてしまうのもいいですね。

~次回のお稽古~
1月7日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

IMG_2088.JPG
シンプルにいけても華やぎますね。
続きを読む
posted by 雅香 at 22:48| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする