2018年09月21日

あ、火の鳥!

パッと目をひく色に形。
IMG_3307.JPG
ヘリコニア

品種名は「ファイヤーバード」

まさしく!
火の色に、鳥のような顔。

赤のところが花に見えますが、
これは「苞」と呼ばれる葉です。

花は苞の内部で咲かせるというのだから、
あんがい控えめな性格でしょうか。

あなたの周囲にも一人ぐらい
いらっしゃるかもしれませんね。
 
見た目と中身のギャップが魅力の
ヘリコニアみたいな方が。

朝のいけばな教室でも、
そのうち活けるチャンスがあるかもしれません。

お楽しみに。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:58| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

ハミズハナミズ

「ハミズハナミズ」

この時期には耳にしやすい言葉かもしれません。

なにかの呪文みたいでしょう?

花の名前なんですよ。

ご存じの方は、パッと漢字が頭に浮かんでいるはず。

「葉見ず花見ず」

漢字って便利だね。
だいぶ意味がとりやすくなります。

なんの花だか想像がつきますか?

今が見頃のあの花!

そう、カッコイイこの花のことです。

IMG_3316.JPG
彼岸花
色といい姿といい、
いけばなにしても、もちろんカッコイイ花。

根元に注目です。

茎がいきなり土からでて花を咲かせています。
そして花が散った後に、やっと葉がでてきます。

花と葉はすれ違い。
だから、「葉見ず花見ず」。

彼岸花は畦道や土手をまっ赤に染めるように咲きますが、
これは皇居近くの噴水公園で撮影しました。

探せば通勤路などで咲いているかもしれませんよ。
開花時期が短いので、見つかればラッキー。

そんな気持ちでキョロキョロするのも、
秋の楽しみ方のひとつでしょうか。

IMG_3319.JPG

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:37| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

眠っていた花器で、いけばな

「使いこなせそうにもないから、よかったら使って」とのことで、
友人から、花器をたくさんいただきました(嬉しい~)。

たとえば、こちらの花器。
IMG_3321.JPG
江戸小紋のような細かな模様が素敵ですね。

口径が2センチ程度しかないので、
少ない本数でいけるタイプです。

それならばと、部屋にあった花材でいけてみました。

IMG_3286.JPG
モンステラ2枚と、トクサ1本で満員御礼。
花なしの緑一色になりました。

でも、それが良かった気がします。
器の青と白に、葉の緑が爽やかですもの。

自分の部屋に飾るなら、これくらいシンプルな方が私は好きです。
3本なので手入れも楽だから、なおよし。

朝のいけばな教室では、基本の型を学びますから、
もっと口の広い花器を使います。

ダイナミックにいける練習をしているのです。

お稽古ではこのような口の細い花器は使いませんが、
もしお持ちでしたら、お稽古の花材の残りで
工夫しながら活けてみるとよいでしょう。

馴染みのない器でいけてみると勉強になりますし、
いろいろ試していると、ピタリとはまるお好みの組み合わせがきっと見つかりますよ。

「残った花材でうまくいった!」となると
嬉しさも倍増です。
部屋に飾ってお得な気分を満喫してください。

眠っている花器が押し入れにあったら、ぜひ活躍してもらいましょう。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:05| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

ケイトウ、あでやかなトサカ

鮮やかな濃いピンクのケイトウです。

IMG_3298.JPG

ケイトウは、まるっこいタイプとまさに鶏冠のタイプとあるけれど、
これは鶏冠ですね。

IMG_3292.JPG
横からみるとこんな感じ。

扇状が個性的ですね。
この形をいかした面白い作品もよく見かけます。

ケイトウは道端にもよく生えているから、
素朴な印象があるかもしれません。

でも実際にいけてみると、勘違いとわかる。
IMG_3296.JPG
どうしましょう、この艶やかさ。

鶏冠を上から見るように活けると、
見事なうねりを堪能できます。

お庭に生えていたら、活けてみてはいかがですか?

せっかくなら美しく活けたい方、
いろいろな植物に親しみながら、
基本をしっかり学べる教室を開いています。

月一回、日曜の朝に都合がつくなら、ご一緒しませんか。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ

・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)
~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 13:25| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

ミニかぼちゃ?!

あれ?
おもしろいものがぶら下がっています。

リンドウとカボチャのいけばなでしょうか。
IMG_3250.JPG

「そもそもカボチャってぶらさがる?」
と思ったあなた、すばらしい観察眼ですね。

カボチャは畑にゴロンと転がっていますから、
これはカボチャではありません。

「色からしてミニトマト?」とおもいきや、
触ってもぷにぷにしていません。

触った感じは「ナス」。

そう、これは観賞用のナスで、
「赤なす」や「はななす」と呼ばれています。

初めて見たときは驚きました。
紫ではないナスがあるなんて!と。

それにしても、実は楽しいですね。
鮮やかな色の玉が浮いていると、
なんだかウキウキしてきます。

実のついた花材を「実もの」と呼びます。
秋は実りの季節ですから、
これから「実もの」が充実してきますよ。

重みがあるので、バランスをとるのに少し工夫がいりますが、
基本を学びながら経験を積んでいれば大丈夫。
対応できるようになります。

いけばなに興味がある方、この秋から始めてみませんか?

朝のいけばな教室は、月一回というゆったりしたペースで、
楽しみながら基本が身につく教室です。

日曜の朝に都合がつくなら、いかがですか。

~次回のお稽古~
10月7日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)

~今後のお稽古の予定~
10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:38| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

色水で遊びましたか?~ヨウシュヤマゴボウ

公園で見かけました。

IMG_3150.JPG

・ヨウシュヤマゴボウ

もう少し育つと実が紫になって、葡萄のようになります。

子供の頃、この実をつぶして色水を作りませんでしたか?

私は近所の林でこの遊びをよくしたので、懐かしく思い出します。


あちこちで野生化しているので珍しくもないし、

どちらかというと素朴な植物ですね。


さて、どこにでもあるこの植物がいけばなになったら、

いったいどう変身してくれるのでしょうか?


たとえば、こちら。

IMG_3214.JPG
エレガントに舞っております!

ちなみに、これは花屋さんのヨウシュヤマゴボウです。
公園のと同じように葉がたくさんついていましたが、取り除いてあります。

IMG_3215.JPG
いたって普通の女の子だったのに、同級会で再会したら
綺麗なお姉さんになってたみたいな感じでしょうか。

合わせる花の色や雰囲気でもだいぶ変わりますね。

あなただったら、どんなふうに変身させますか?

ヨウシュヤマゴボウ、子供のときは色水遊び、
大人になったら、いけばなで楽しませてもらいましょう。

~次回のお稽古~
9月2日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)

~今後のお稽古の予定~
9/2,10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 00:21| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

そろそろ秋色、紫の花

残暑が厳しいとはいえ、夜になると虫の声が聞こえてくる季節になりました。

そうなると、深みのある色合いが恋しくなってきます。

 紫はいかがですか?


紫、カーネーション、蘭、ドラセナ 大 ikebana_201808_m.jpg

ドラセナ、カーネーション、トルコギキョウ、蘭


カーネーションは紫のマーブルでしょうか。

しっとりした素敵な色ですね。


蘭はなんという名前だったかな。

カタカナ3字だったのだけれど……そのうち思い出すかもしれません。


置き方もいろいろ試してみると、楽しいですよ。

それだけで気分が変わるのでおススメです。


たとえば、こんなふうに端に寄せて置いてみると、

上の写真と少し雰囲気が変わりませんか。


紫、カーネーション、蘭、ドラセナ ikebana_201808-2_m.jpg

よりアートな感じでしょうか。

左側のスペースに一言メッセージを書いたら

プレゼントに添えるカードになりそう。


いけばなの基本を身につけたら、それをぜひ活かしてくださいね。

お好きなときに、お好きな花で、お好きな気分を盛り上げましょう。


虫の声を聞きながら、シックな花を眺め、

夏の喧騒からしばし解放されるのもよいものですよ。

次回のお稽古~
9月2日(日)朝9時~10時30分頃

会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)

~今後のお稽古の予定~
9/2,10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 23:06| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

白ですっきりトルコギキョウ

お盆休みもあけて、暑さもやわらいできたとはいえ、
まだまだ夏ですね。

強烈な天候だったせいか、
今年の夏は花市場にも花が少ないのだそうです。

先週の土曜日に探していた花があって、
花屋さんを見て回っていたところ、
「すみません、今年は大変で」
と申し訳なさそうに説明してくださいました。

そんな時にも比較的手に入りやすいのが、
こちらのトルコギキョウです。

IMG_3166.JPG

華やかで人気のある花なので、栽培量が多いのでしょう。
近所のスーパーなどで買えることもよくあります。

夏は花がすぐ弱ってしまうから、
と躊躇してしまうかもしれませんが、
トルコギキョウは、わりと丈夫で長持ちします。
ありがたい花ですね。

涼しい色を選んで、少ない量でシンプルにいければ、
夏でもすっきり楽しめると思います。
このぐらいの量なら、手入れも楽ですしね。

フルコースの豪華な食事より、素麺の方がいいときもあるように、
ふんだんに花を使ったアレンジメントよりも、
一輪挿しが嬉しいときもあります。

いけばなを基本から学ぶと、花が多くても少なくても、
それに合わせて自在に楽しめるようになりますよ。

想像してみてください。
近所のスーパーでビニール袋に窮屈そうに入っていた花を、
あなたがパッとお洒落に変身させた場面を。

なかなか気分がいいと思いませんか?

秋からいけばなという趣味を始めたい方、
月に一度のお稽古はいかかですか?

日曜の朝に気持ちのよいカフェでお稽古をしています。
ご都合がよろしければ、どうぞ。

次回のお稽古~
9月2日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)

~今後のお稽古の予定~
9/2,10/7,11/4,12/2

続きを読む
posted by 雅香 at 21:12| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

え、また種まき?!

しばらく前に、部屋で種を飛ばしていたマンサクの話を書きましたが、
またまたやってくれた植物があります。

IMG_3151.JPG
これはガマの穂。
フランクフルトくらいの大きさです。

右上のあたりがボコボコしてきたので触ってみると……

IMG_3152.JPG
綿がムクムク、ムクムク!
すごい勢い。
次から次へとでてきます。

この綿毛に種がついているのだから、
相当な量を飛ばせますね。

こちらの穂もすごいですよ。
IMG_3154.JPG
自力で突破してきたようです。

くるりと回転させると、
IMG_3155.JPG
あらあら、大穴!

IMG_3156.JPG
試しにほぐしてみました。

一本からこんなにたくさんの綿が入っていましたよ。
しかも、まだ残っていそう。

因幡の白兎はガマの穂にくるまって傷を癒したそうだけれど、
これだけあれば、1~2本で用が足りたのではないでしょうか。

それにしても、不思議です。

ガマの穂は乾燥させて、「枯れもの」素材として再利用することがよくあります。
部屋に置いておけば自然に乾燥して、そのままの姿を保ってくれます。

毎年この時期にはガマを部屋で枯れものにしているけれど、
綿が飛び出してきたのは初めてです。

古くなると穂綿がでてくるようですが、これはつい最近いけた新しいものですし。

どこかに当ててしまったのかな?

水辺に群生ている自然のガマは、風にゆられてお互いにぶつかったりすることで、
穂が崩れて綿を噴出させるそうだから。

まぁ、私が初めてというだけで、きっとこういうこともあるのでしょうね。

ガマの種まきショー、なかなかエキサイティングな体験でした。

次回のお稽古~
9月2日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ

・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)

~今後のお稽古の予定~
9/2,10/7,11/4,12/2

posted by 雅香 at 01:12| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

ホッと一息

今日の花は、ガーベラ。

IMG_3119.JPG

ニュアンスのあるしっとりした色合い。

風をはらんだような軽快な花びら。

「パリジェンヌ」とでも名付けたくなる雰囲気。

「大正ロマン」でもいいな。
アンティークの着物の柄によさそうではありませんか。

なんて私はすぐ勝手に名前をつけるのだけれど、
ちゃんと品種名があるのでしょうね。

IMG_3120.JPG

きれいだなぁ。

花を見ていると、ふわっと心も体も緩むのがわかる。

心配事があっても、体が疲れていても、
紅茶でも入れて部屋にいけた花を愛でていれば、
ホッと一息。

なんとかなりそうな気持になってくるのだから、
すごい応援団です。

さぁ、明日も元気だしていきますよ。
花っていいですね。

次回のお稽古~
9月2日(日)朝9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ

・単発ではなく継続して通うお稽古です。受講をご希望の方は、お電話でお申し込みください。
お申込お問合せ: 025-290-7227 (フェルマータカフェ)

~今後のお稽古の予定~
9/2,10/7,11/4,12/2
posted by 雅香 at 00:16| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする