2017年12月23日

せっかくなのでリースも

花材がすこし残ったので、リースも作ってみました。

IMG_2126.JPG

口からふわ~と何かでているみたい。
元気がよくて、よろしいですね。

フェルマータの洗面台に置いたのは先週の日曜日なので、
今もそこにあるとすれば、ドライになりかけていることでしょう。

ドライもまた素敵なんですよね。
色味がしっとり落ち着いて。

リースの土台は、レッドウィロー。
11月からなんど再利用させてもらったことか。
最後はリースに変身しました。

この形は、実は最近みかけた素敵ないけばな作品をお手本にしています。

花器の上にリース状の花が載っているような構成だったので、
どうやって留めたのかを想像しながら練習してみたのです。

画家が模写をして練習するような感覚でしょうか。

再現しようとすると、必要な作業が見えてきます。

とはいえ、これは蓋つきビアマグにパクッと挟んでいるので、
同じではないのですけれどね。

それでも、挟んだだけではダメで、工夫がいりました。
この写真だと、わかりやすいかもしれません。

IMG_2133.JPG

リースとは別に、前後に枝を入れてバランスをとっています。

蓋を開けたらおしまいなので、
いまごろ厳しい体勢で頑張っているかもしれません。
見かけたら、応援してやってください。

それとも立掛けてもらって、安静にしているかな。


心穏やかで素敵なクリスマスになりますように。

posted by 雅香 at 18:14| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

目が合うにはワケがある

前回の記事に載せたこの写真に、
「バラと目が合う」とコメントしました。

IMG_2125.JPG

フェルマータのこの素敵な暖炉は、テーブルよりかなり高さがあります。
それに花器の高さも加わるので、花を見上げるかたちなります。

こんなとき、なんとなく花器にいれただけでは、バラと目は合いません。
花も葉も上を向いてしまって、みんなで飛行機雲でも眺めているような姿になってしまう。

少しばかり工夫がいります。

といっても、いけばなの基本技なんですけどね。

花を美しくいけるコツとして、以前の記事で紹介しています。

そう、「花器の底にむけてズドン」では上手くいかないのです。

IMG_2124.JPG

この角度だとわかりやすい。
バラやカスミソウは、ずいぶん前傾しているでしょう?

基本の技をしっかり練習して身につけると、
どんな場所でも花をいけて楽しめるようになりますよ。

日曜の朝に時間がとれるなら、一緒に練習しませんか?

~次回のお稽古~
1月7日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

続きを読む
posted by 雅香 at 22:39| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

クリスマス花

土曜日にクリスマスの花をいけました。

IMG_2123.JPG

いけばなでは、赤、白、緑を使うのが一般的です。
・ホーリー(赤)
・バラ、カスミソウ、花器(白)
・ヒバ(緑)

もともと置いてあるアコーディオンやポトスも
うまい具合に赤白緑です。

IMG_2125.JPG
左から見ると、バラと目が合う。
ヒバの波に赤と白の粒が流れていくみたい。

IMG_2124.JPG
右から見ると、ホーリーの上でカスミソウが前後にふんわり。
和らぎますねぇ、カスミソウが入ると。

~次回のお稽古~
1月7日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)


posted by 雅香 at 06:34| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする