2017年11月28日

秋の色を楽しむ

いよいよ冬が近づいてくると、紅葉がいっそう美しくなりますね。
公園を歩いていたら、人だかりができていました。

IMG_2027.JPG

見事に紅葉していますね~
家族連れや観光客らしき外国人グループが
とっても嬉しそうに写真撮影をしていました。

わかるなぁ、ウキウキしますよね。
赤のグラデーションに黄色に緑。
秋にすっぽり包まれるのは気持ちがいい。

奥の黄色がいいなぁ。
いけばなでは、鮮やかな色を後ろに配置することがよくあります。
チラッと顔を見せるのも素敵でしょう?

そして、

IMG_2010.JPG

黄色をめいっぱい楽しむのも、また良しです。

~次回のお稽古~
12月3日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)
posted by 雅香 at 07:42| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

線を楽しむ

いけばなと書道は似ている、といわれます。

たしかにそうだな、と思うのは、どちらも「線」の芸術だからです。

たっぷり墨をふくませてズバリと書いた一直線もあれば、
細筆でしたためた平仮名のしなやかな曲線もある。

書道では墨を使いますが、いけばなでは植物で線を描きます。

となると、植物の特性によって描ける線が変わってきます。

こちらの赤は、レッドウィローという植物。


IMG_1955.JPG


さしずめ細筆の線でしょうか。

やわらかいので、ふわりと円を作ることができるのです。

空中にまるが浮いていると、ちょっぴりウキウキしませんか?
シャボン玉や風船を見たときの感覚でしょうか。

お稽古では、いろいろな植物に触れながら基本を身につけていきます。
ですから、どの植物でどんな線が描けるかも体験的にわかってきますよ。

知識だけあっても、できなかったら面白くありませんからね。

実際に手を動かして、植物のいろいろな線を楽しみましょう。

~次回のお稽古~
12月3日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

posted by 雅香 at 22:56| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

街のいけばな

2週間ほど前、都会の街を歩いていて、ふと目にとまった花です。

IMG_1868.JPG

名前は知らないけれど、しっとりしていて、
見ていると気持ちが落ち着いてきます。

そして、後ろにさがって全体を見渡したら、こんな景色でした。

IMG_1866.JPG

わぁ~素敵だなぁと思って、しばらく鑑賞させていただくうちに、
思わず立ち止まった理由がわかりました。

なんだか、いけばな的なのです。

色も少なく控えめなのですが、みどころがあります。

パッと視線が集まる部分があり、隙間があり、奥行きがあり、
周囲にある門や建物の壁としっくり調和している。

シンプルで飽きのこない、いい眺めでした。

いけばなの視点あると、街の景色が変わります。

美しいものにアンテナが向いているから、
すぐにキャッチできるのです。

「いいな~」「きれいだな~」と感じるチャンスが増えますから、
心穏やかになるのも当然ですね。

いけばなを学び始めたら、街をどんどん歩いてみましょう。

そして、たくさんの「こんな素敵なところがあったなんて!」を発見し、
平和ないい一日にしましょうね。

~次回のお稽古~
12月3日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)
posted by 雅香 at 23:14| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月12日

得意技をいかす

いけばなを見ていると、自分の常識にはない出会いがあるかもしれません。

たとえば、こちら。

IMG_1906.JPG

「あれ、失敗作?折れてるけどいいのかな?」
「わざと折っているのだろうけれど、大丈夫なの?」
なんて心配してくださったかもしれません。

はい、大丈夫です。
これは「トクサ」というシダ植物ですが、
茎が中空で曲げてもポキンと折れません。
ブラブラにならないので、自由に形を作ることができます。

写真では一本だけ手前に折ってアクセントにしています。
三角や四角をたくさん作って複雑な形にすることもできますよ。
もちろん、まっすぐのままでもシンプルで美しいですね。

このように、植物に特技を発揮してもらうことで、いけばなは構成されています。
「どんな得意技をどこで活用しているのかな?」という視点で鑑賞するのも楽しいでしょう。

見るだけでなく実際に活けてみたい方、日曜日の朝に都合がつくならご一緒しましょう。

~次回のお稽古~
12月3日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)
posted by 雅香 at 22:13| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

Q.まったくの初心者でも大丈夫ですか?

Q.まったくの初心者でも大丈夫ですか?→心配ご無用です

「ついていけるかな」
「自分だけ下手だったら恥ずかしい」
なんて心配していませんか。

たとえ「初心者クラス」と書いてあっても、まったく初めてだと不安になるかもしれませんね。

でも、なんの心配もいりません。
なんせ、朝のいけばな教室は、そんなあなたのために開いた教室です。
そのつもりで丁寧に指導しますので、安心して通ってください。

グループレッスンではありますが、入会日が異なれば進度も変わります。
結局は個人レッスンになりますから、わからないことがあっても質問しやすいと思いますよ。

それに、「自分だけ下手だったら」なんて周囲の方との比較はしないほうがよいでしょう。

はじめから上手なら教室に通う必要はないのだから、たとえハチャメチャないけばなが完成しても
「私って不器用だな~」くらいに平気でニコニコしていればよいのです。
手直しされたら次回は少し気をつけて、だんだん学んでいきましょう。

「それなら一歩踏み出してみようかな」と思ったあなた、フットワークが軽くていいですね。

そんなあなたを、朝のいけばな教室は歓迎します。

次回のお稽古は12月3日です。
都合がよろしければ、いらしてください。

~次回のお稽古~
12月3日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

IMG_1905.JPG
ところどころの紅葉も味わいがありますね

posted by 雅香 at 01:01| よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

目線を想像して変化をつけましょう

前回の記事に載せたこちらのミニいけばなは、正面からの写真です。

IMG_1897.JPG

横から見ると、こんな感じ。

IMG_1898.JPG

ピンポン菊が元気よく飛び出していて、正面とはまた別の表情がみえますね。

花だけで小ぶりにまとめる場合も、見る角度によって変化するように考えていけています。
せっかくなら、ぐるっと回って眺めたくなる楽しい花にしたいからです。

朝のいけばな教室の時間には、枝も使って大きくのびのびと活ける練習をしますが、
基本の花型にならって活ければ、ぐるっと回って眺めたくなる変化が自然につくようになっています。

花型にはいけばなのエッセンスがつまっていますから、安心して学んでください。

ご自宅のちょこっとしたスペースに花をいけたいなら、
持ち帰った花材の一部を使って、このくらいのサイズにまとめるのもイイですね。

それにしても、黄色い花があると気持ちが明るくなりますね~。

~次回のお稽古~
12月3日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

posted by 雅香 at 23:59| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

朝のいけばな教室(第一回)でした

ときおり晴れ間がのぞく清々しい空気のなか、
朝のいけばな教室が始まりました。

プラタナスの木の向こうから朝の光が差して、
そこに花鋏の音が小気味よく響いて、
それは気持ちのよい空間になっていました。

水盤にいけた花に光が当たって、水面がキラキラと輝いていましたよ。
いけばな初挑戦の生徒さんも、「癒される~」とホッと一息。
そのリラックス効果もあってか、とっても素敵に仕上がりましたね。

テラスに続く大きな窓辺で活けるのだから、それなりに予想してはいましたが、
こんなに気持ちのよい生け花の時間は初めてでした。

来月の「朝のいけばな」が早くも楽しみです。

次回は12月3日(日)です。
お申込はフェルマータカフェへお電話でどうぞ(025-290-7227)

気分最高の朝のいけばな、あなたも一緒にいかがですか?

~次回のお稽古~
12月3日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

IMG_1897.JPG

posted by 雅香 at 20:58| お稽古の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月03日

Q.お稽古の花は持ち帰れるのですか?

Q.お稽古の花は持ち帰れるのですか?→はい

お稽古で使った花材は、お持ち帰りになれます。
ご自宅で活けなおしてお楽しみください。

花材を持ち帰るための「花袋」があると便利ですが、
新聞紙を5~6枚お持ちいただければ用は足りると思います。
それに加えて、ビニールバッグやエコバックなどがあれば持ち運びやすくなりますね。

切り花を持ち歩くときは、新聞紙などで上まですっぽり包むのがよいでしょう。

「水をきらしても風にあてるな」というくらい、風は大敵です。
植物の体内から、どんどん水分が奪われてしまうからです。

今日は穏やかな天気だから大丈夫、なんて安心してはいけませんよ。

風が吹いていなくても、花と一緒に自分が歩けば、風を作ってしまいますからね。


大切に包んで持ち帰りましょう。

DSC_0003.JPG
紅葉したドウダンツツジ

posted by 雅香 at 23:36| よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

まずは盛り花から

基本のいけばなには、「盛り花(もりばな)」と「投げ入れ」の2つの形式があります。


剣山を使って平らな花器にいけるのが、「盛り花」です。

剣山を使わずに高さのある縦長の花器にいけるのが、「投げ入れ」です。


花材を固定する道具を「花留め(はなどめ)」といい、剣山の他にもたくさんの種類があります。

例えば、フラワーアレンジメントでよく使われる「オアシス」も花留めです。


流派によって使う道具もいろいろですが、草月流では剣山を使っています。

剣山は、どんな位置にでもどんな角度にでも留められるし、留めたものが崩れない、などの利点があるからです。


剣山を使うと、花材を思い通りに配置しやすくなるので、

盛り花は初心者であっても手に負える形です。


そのため、盛り花の練習からスタートします。


それに、剣山を使った作品は「いかにも生け花」という感じがしますから、

きっとワクワクしますよ。


次の日曜日に体験しましょう。


~次回のお稽古~

11月5日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)


ストレリチア IMG_1077.JPG

盛り花 (ストレリチア、ドウダンツツジ)

posted by 雅香 at 22:36| お稽古の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

朝のいけばな教室が始まります

次の日曜日(11/5)、朝のいけばな教室がいよいよ始まります。

どんな花材が喜ばれるかなと考えていたのですが、決めましたよ。
初めてでも花型が学びやすく、それでいて秋の深まりも感じられるようなものにしました。
スッキリいけられると思います。
どうぞお楽しみに!

「興味はあったのに、タイミングを逃してしまった」という方はいらっしゃいますか?

チラシなどの媒体には、「申し込みはお稽古日の一週間前までに」と書いてあるので、
「しまった、もう手遅れ」と思いますよね。

ところが、今回は花を追加で注文できるので、じつはまだ間に合います。

金曜日までにお電話いただければ大丈夫です(025-290-7227:フェルマータカフェ)。

「鉄は熱いうちに打て」というように、もし気になっているなら今週末の参加がおススメです。
それに、少しでも早く基本を学んでおけば、クリスマスやお正月にもご自分で花をいけて楽しめるからです。

年末は、買ってきたミニツリーではなく、あなたの生け花と一緒に過ごしましょう。

~次回のお稽古~
11月5日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:025-290-7227(フェルマータカフェ)

IMG_1748.JPG
小菊、バラの実
お土産にいただいた沖縄の壺に。
手乗りサイズの可愛いらしい壺です。

posted by 雅香 at 23:20| お稽古の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする