2017年10月31日

Q.松や菊をいけるのですか?

Q.松や菊をいけるのですか?→いろいろな植物をいけます

草月流いけばなの特色は、「いつでも、どこでも、だれにでも」、
そして「どんな花材(いけばなの素材)を使っても」いけられるところにあります。

松や菊といった伝統的な花材はもちろん、
バラ、ガーベラ、ユリなどお馴染みの花もいけるし、

紫陽花、桜、桃、花菖蒲、といった季節を堪能できる花、
柳やナナカマドなど散歩中に見かけるような木、
タニワタリやタマシダといったシダ植物、
ストレリチア、フウセントウワタなど、ちょっと変わった姿のものもいけます。

「え、バラとユリしか知らない」という方、大丈夫ですよ。

お稽古を続けるうちに、顔なじみの植物が増えていきますから。
一回のお稽古で用いるのは2~3種類ですので、少しずつ覚えていけます。

馴染みの植物がふえると、近所を歩いてもきっと今までとは違う体験になります。
毎年、真っ赤に紅葉していたのに、「この家にもナナカマドがある」なんて初めて気づくかもしれません。

忙しさにかまけて、四季のはっきりした日本ならではの楽しみを逃していた!という方、
いけばなで植物と仲良くなって、潤いのある生活、はじめませんか。

~次回のお稽古~
11月5日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:
025-290-7227
(フェルマータカフェ)
ナナカマド 1F55786F-4AEF-42B5-B6B4-54B52AE527AF.JPG
去年の11月のナナカマド
posted by 雅香 at 00:16| よくある質問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

黄色いキツネ

ハロウィンが盛り上がりをみせていますね。

通りかかったスタイリッシュな花屋さんの店先は、
大量のカボチャが素敵にディスプレイされていました。

写真を撮影する方がひっきりなしに訪れていて、
小さなお子さん連れのご家族も「すごくいい絵がとれた~」と大喜び。

ところで、カボチャと一緒に、こんな植物もよく目にしませんか?

IMG_1864.JPG

キツネの顔のようなユニークな姿をしています。
名前は「フォックスフェイス」です。
黄色がハロウィンカラーのオレンジともよく合いますね。

おもしろい形なので、いけばな界が見逃すわけもなく、
秋のいけばな作品には頻繁に用いられる花材です。

フォックスフェイス、マユミ、ケイトウ
フォックスフェイス IMG_0165.JPG

着色して使われることもあります。
明日まで日本橋高島屋で草月いけばな展が開催されていますが、
ウィンドウに展示された茜家元の作品にもゴールドに着色したものが使われています。

フォックスフェイス 家元image1.jpeg

フォックスフェイス 家元62A4E886-2091-4B94-BF2F-A6CBA970DA46.JPG

怪しくゴージャスに変身しています。
背景の紫もムードたっぷり。

通りかかった観光客らしきアジアの女性は、
"Beautiful!!!"と連呼しながらスマートフォンをかざしていました。
ビデオ電話機能で、通話相手に見せながら話していたようです。

自由に大胆にいけてもピタリと決まるのは、基礎の積み重ねがあってこそです。
ゆっくりでも着実に基礎を身につければ、いずれは”Beautiful!"を生み出せる人になれるのです。

あなたも、なりませんか?

~次回のお稽古~

11月5日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:
025-290-7227
(フェルマータカフェ)


posted by 雅香 at 12:08| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いけばなの楽しみ―喜ばれる幸せ

いけばなの楽しみは、たくさんあります。


まず、「創る喜び」。

これは人間の根源的な喜びではないでしょうか。

小さいころは、何時間でも泥団子をつくったり、

お絵かきをしたりしませんでしたか?

雪だるまや砂のお城も大はしゃぎで作ったかもしれない。


大人になってからだってそうです。

料理、プラモデル、編み物、革細工、陶芸、手芸、木工、トールペインティング、等々、

創作を楽しむ趣味は、挙げればきりがありません。


純粋にモノづくりに没頭している時間もイイものですが、

そこには「表現する喜び」も入っているでしょう。


そして、「できるようになる喜び」も大きい。

学びの喜びです。

技術が身について、自分が成長していくのは嬉しいことですね。


植物の癒し効果で、「ホッとする喜び」というのも魅力です。

植物に触れていると、穏やかな気持ちになっていきます。

だから仕事が忙しくてもお稽古には顔を出す、という方もいます。


そして、これが生け花の一番すごいところだと私は思っているのですが、

この癒し効果は、自分だけでなく周囲にも広がります。


いけばなは、自分が楽しいだけでなく、周囲の人にたいへん喜ばれます。


いけばなを学んで、ご自分の職場に花をいけている方が、こんな話をしてくれました。

男性も女性も外国の方も意外によく見てくれていて、いろいろと言葉をかけてくれるそうです。


「この花の名前は?花はいいね~」

「ドアを開けたら花があって、うゎ~素敵ってニコニコしちゃった」

“Did you do this? I like this!”

「今週はなんで生け花がないの?毎週ちがう花になって楽しみにしているから、ないと寂しい~」

「母がたまたまオフィスに寄ったとき、いけばなに気づいて「素敵な職場ね~」としみじみ喜んでいた」


美しくいけられた花が近くにある、それだけで嬉しくなるのは、私もよくわかります。


そして、いけばなの美しさのおかげで、いけ手であるあなたの魅力も高まることが、

こんな言葉からわかります。


「女子力が高い!私も見習わないと」

「お洒落ですね~。素敵!」

「あなたがそこにいるみたい」

「あなた、すばらしいね。」

「あなたのおかげで、新しい世界を知りました」


自分は楽しくて、周囲も幸せ。

こんないい趣味があるでしょうか。


いけばなを学んで、幸せの発信源になりましょう。


~次回のお稽古~

11月5日(日)
午前9時~10時30分頃
会場:フェルマータカフェ
お申込お問合せ:
025-290-7227
(フェルマータカフェ)


IMG_1180.JPG


posted by 雅香 at 00:02| いけばなを楽しむヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする